クレジットカード現金化口コミから比較

ヘッダー

キャッシングの総量規制は邪魔者ではない

    

キャッシングを利用してお金を借りようとすると、時々、総量規制という問題に直面することがあるものです。総量規制とは、簡単に言うと、年収の三分の一を超える借り入れはできないという規制のことです。たとえば年収が300万円だとしたら、100万円を超えるような借り入れは困難だということになります。

ですからキャッシング利用者の中には、「総量規制は煩わしい。必要ない」と感じている人も結構いるのです。確かにお金に困っていて借り入れがしたいのに、この規制によって借り入れができないとなると、ますます困った事態に陥ってしまうかもしれません。それを思うと、「こんな規制は無いほうが良い」と思う人が大勢いても全然不思議ではありません。

しかし、それでは総量規制はキャッシング利用者にとっては邪魔な存在でしかないのかというと、決してそんなことはありません。

なぜなら総量規制とは、本来、キャッシング利用者の借り入れのし過ぎを未然に防いでくれるために作られた法律だからです。これによって、利用者は守られているのです。

とにかく、どんなキャッシング利用者にも自分の返済能力というものがあります。その能力の範囲内でキャッシングを利用してこそ、安全で便利な借り入れができるのです。ですから総量規制があるおかげで、借り過ぎないようになっているとも考えられるのです。つまり総量規制とは、年収の三分の一までの借り入れしかできないので不便なのではなくて、それしか借りられない仕組みになっているので安全な利用ができるということなのです。

いずれにせよキャッシングとは、借り入れの金額が多くなるほど返済は大変になります。ですから総量規制という安全装置が付いたキャッシングを利用することで、自分に相応しい借り入れができるのです。そうすることで、返済トラブルや金融事故の防止に役立てるのが得策なのです。総量規制は邪魔者などではありません。むしろ利用者にとっては必要なものなのです。

口コミフォーム

名前:

口コミ